ドイツで行われているリサイクルがシンプルで凄い!

シンプル イズ ベスト!ドイツのリサイクルはとても簡単

リサイクル魂の培い方

これまで先進国を中心に経済発展と人口増加に伴って世界中に沢山のごみが増えました。ごみが引き起こす環境汚染、地球に与えるダメージの大きさは深刻さを増しています。各国はよりよい環境をつくるべきだとリサイクル推進に力を入れ始めています。リサイクル先進国であるドイツも過去は深刻な環境汚染に悩んでいました。

世界を脅かすプラスチックゴミの削減対策

今、各国でプラスチックストロー廃止の動きがあります。既に代替えとして紙のストローやパスタなどが使用され始めており、これは、ストローを詰まらせたウミガメの鼻孔からストローを引き抜く痛々しい動画が世界中で拡散されアンチプラスチックストローを叫ぶ声が広まった事に起因します。

ドイツのごみ出し方法はいたって簡単

OECDによるとドイツのリサイクル率は実に65%を誇ります。何故これ程までにリサイクルが進んでいるのかと言うと便利なごみ出し方法によります。 ドイツでは設置されているごみ箱にいつでもごみが出せるのです。日本の様な決まった曜日に決まったごみしか出せないシステムではリサイクルは浸透しなかったでしょう。

世界がかかえるゴミ事情とドイツのリサイクル意識

OECD(経済協力開発機構)は第二次大戦後、欧州各国の経済的復興、救済の為に1948年に欧州16か国でOEEC(欧州経済協力機構)として発足、OECDの前身となり、その後、OEECにアメリカ、カナダが加わってOECD(経済協力開発機構)となり日本は1964年に加盟しました。OECDは加盟国間の貿易や経済発展、また、発展途上国支援を目的としています。
OECDの報告書によると、世界ではプラスチックごみが増え続け、その量は年間3億トンを超え、観光や漁業にもたらす損害が年間約130億ドル(約1兆4千億円)に上る状況だといいます。
プラスチックごみはその一部が焼却されたり、リサイクルされるものの、埋め立て等でたまっていく量も増え、2050年には約120億トンに達すると言われています。
OECDはプラスチックごみの深刻な状況を鑑みて、各国がその対策を早急に講じる様に訴え、それに呼応して様々な対策がとられる様になりました。日本でも五輪開催前にプラスチックごみ削減の為、レジ袋有料化を法令で義務化する考えですが世界的には実は既に多くの国がレジ袋を義務化していて一足遅い対応なのだそうです。
国土の狭い日本としては国民一人一人の更なる意識改革が求められ、ごみ問題は実際非常に深刻なのだと理解出来ます。
ドイツも高度経済成長時に環境汚染からくる大気汚染、自然破壊へと深刻な事態となった経験がありました。汚染により人々の生活が脅かされる事を脅威と感じたドイツは徹底的な環境改善へ舵をきりました。
リサイクル教育を取り入れ子どもからリサイクルの意義を浸透させました。そして様々な努力から汚染が緩和されていく事を実感し、更にその手を緩める事なくいかに環境に優しい生活をすべきかを国全体で取り組んでいます。

おすすめリンク

損をしない埼玉での不動産売却

埼玉の不動産をお持ちの方!不動産売却で損をしないためには?正しい知識を事前に身に付けましょう。

不用品買取可能な横浜の遺品整理業者

遺品整理にあまりお金がかけられない方におすすめ!不用品買取可能な横浜の業者をピックアップしました。

部屋の片付けをしよう!横浜の不用品回収業者を比較

片付かない部屋の問題を徹底解決!横浜の不用品回収業者を比較して部屋の不用品を効率良く処分しよう