LINE@ビジネス塾 加藤 明

75896f618d9ebf8740d1362eb32bb3c8

確かに、LINE@をビジネスに活かすことを考えるのは有益なので、狙いどころは悪くないですからね。特定商表記のところに販売価格は書いているので、もう分かっていると思いますが、お値段363,960円です。LINE@も同様になっていきますので、他の商材がもう少しでてきてからお金を出してノウハウを手に入れるべきか考えていくことをオススメします。今年の2月からLINE@の利用を個人ができるようになりましたので、これからいろいろな商材がでてきます。各種SNSからの集客ツールを持っていない人や、販売する材料を持っていない人は、このLINE@ビジネス塾で提供されるものを利用してビジネスを始めてみることができるようにはなっています。

はっきり言いますが、高すぎです。ということで、本当のところを確認するために動画を見直してレビューすることに至ったというわけです。では、5話までは見る価値なしなので、LINE@ビジネス塾の全容が語られる6話目を見てください。LINE@で日給30,000円という無料オファーを経て、加藤 明氏がいよいよ塾販売を開始しました。ツールが提供されることが魅力的とは思わないでください。

スマホを主ツールとして利用している人が多くなってきていますし、LINEは応答型でアプローチできますから、興味をもってアクセスしてきた人の成約率が非常に高いです。加えて、初心者の方は、重要なことがあるので理解しておいてください。Youtubeアフィリエイトは、最初のころは高額塾が主流でしたが、今では数万円で良いテクニックを学べるものがいくつも販売されています。LINE@は、むしろビジネス中級~上級者が参入する市場なので、初心者が稼ぎやすい市場だとは勘違いしないでください。でも、動画を見る限り、強調されていないので、肝心の箇所にノウハウはないのだと思います。

売る商品の中身が開示されていて、確かにそれであればバンバン売れるだろうと理解できれば良いですが、魔法のメッセージが付いていれば200%売れますって言葉を信用する方がおかしいです。これを開いてもらう、と言うよりも逆に話しかけてもらうためのテクニックがLINE@としては重要なんです。加藤 明氏は、LINE@の方がYoutubeよりも敷居が低いと言っていますが、初心者の方はそうではありません。ただ、塾という名が付くだけで高額になってしまうんですよね。私のこのブログもかなりの人数でスマホ(携帯)からのアクセスがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加